美希フェスFINALE。
2月23日〜25日公開予定。

<< 今後の予定 | main | 美希かわゆす >>
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
L4U!について
動画でもあげましたが、すでにネガティブな印象は自分の中にはありません。
それを踏まえて、ちょっと冷静なキモチで、L4U!への不満を書いてみます。




大方のヒトにとってはプラス面だろうけど、
自分にとっては大変なマイナス面であるだろう部分が以下の二点

・素材が簡単に撮れる
・応援


L4Uは、自分の場合、「ニコニコにおけるアイドルマスター」の寿命を確実に短くする存在だと思ってます。
今まではMAD素材のPV一本とるにも相当苦労してきました。
レッスン重ねてオーディション勝って、アクシデントなしでカメラワークも良く決まって、そんなステージが撮れたときは心底嬉しかったです。

例えば、茶髪美希のPVを一本とろうと思ったら、はじめからやるなら少なくとも3、4時間くらいかかったし、その途中のコミュなんかで新しい魅力を発見してもっともっと美希を好きになるということの繰り返しでした。
それが、L4Uでは5分もあれば簡単に撮れてしまう。

美希への思い入れとかカンケイなく、素材としては手軽に最高のものが手に入ります。
でも自分にとっては一番大事なもの、キモチがそこには入ってない。
純粋なコラボMAD系の作品を作る場合には問題なしですが、コミュ系作品をやりたい場合はこれはwhoP的にはかなり大問題です。

以前作ったMEMORYですが、あれはすべて自分の撮ったものを使ったから意味があるのであって、あの映像全部ニコやステ6で集めてきたものだったら、胸をはって、「これがウチの美希!」とはいえなかっただろうと思います。

借り物を否定するわけじゃないです。
自分の一作目がまさに借り物によるコミュ系動画でしたから。
自分が言いたいのは、頑張れば自前で素材集められるのに、「ラクだから」という理由だけでそっちを選んでしまうのは、「思い入れ」だけで動画作ってるような自分にとっては禁じ手だなと思うわけです。


まあでも、自分は大丈夫です。
何があっても、もう美希と離れるという結論に向かうことはありません。
他のキャラ専属Pのひとたちもきっと大丈夫だと信じてます。




あとマイナス点もうひとつ。
応援システム!
ゲームとしては結構面白いけれど、致命的な問題がある。

あれは、「応援ではない」。
ボタンをたたく > アイドルへのキモチ

ハードモードとかでプレイしていると、アイドル見ている余裕なんてなかなかありません。
自分はがんばってかおを上げて美希を見ている方ですが、ニコでプレイ動画みてたりすると、「コンボ中のアピールうざぇ」なんてコメも流れたりするくらい。
まさに本末転倒です。

ゲームシステムは、ゲームイメージとシンクロしてこそ意味があると個人的には思っているんですが、「応援」は見た目はともかく、実情は真逆の位置にある気がしてなりません。
ニコニコで流れるコメント、あっちの方がよっぽど、キモチをストレートに込めた「応援」だと思います。

せめて、自分の好き勝手にアドリブで応援できるモードなんかもあったらよかったのにね。どのタイミングでボタン叩いてもオッケーみたいな。
そのたびにアイドルがこっちを向いてくれるとか。
対戦では、一番熱い応援してるひとにアイドルがたくさんアピールしてくれるとかそういう、素直に楽しめる要素。



まあ、とりあえず気になってるのはこれくらいで、美希の可愛さの前にはとるにたらない問題です。
応援はモニター前で勝手にやればいいわけだしね。

「美希ーーーッ! 好きだーーーッ!! 結婚してくれーーーーーーーッ!!!フッフーッ!!」




まあ、迷ってるヒトはとりあえず買っちゃうといいよ、L4U!。
上ではああ書いたけど、ある程度画面下みずにボタン叩けるようになったら、応援とても楽しいです。
ハードモード、フルコンボ状態でサビ突入で集中しまくってるとき、美希のアップを見ながらリズムノッてけば、最高に熱い!
一瞬だけど、本当に美希のステージを間近にしてるようなシンクロ感さえ味わえます。
| - | 10:04 | - | - | - |
スポンサーサイト
| - | 10:04 | - | - | - |
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ